2016年9月2日金曜日

PHPで書き込みができないからSELinuxを停止してと言われた

凄く短いコマンドだけどすぐ忘れちゃうのでメモ。知人から、SELinuxを停止してほしい、できれば指定するフォルダの部分だけ停止してほしい、という依頼を受けました。

話を聞いてみると、どうやらPHPを動かしたいディレクトリがあり、SELinuxのせいで権限エラーになっているようでした。
こういう時はSELinuxを停止するのではなく、設定を変更しましょう。 コンテキストと呼ばれています。

まず今どんなコンテキストになっているのかを確認します。

ls -Z

すると、 「system_u:object_r:httpd_sys_r_content_t:s0」 になっていました。 
これだと書き込みができないみたいなので、変更します。

semanage fcontext -a -t httpd_sys_rw_content_t "/var/www/html/app/*"
restorecon -R /var/www/html/app

このあと確認してみると、 「system_u:object_r:httpd_sys_rw_content_t:s0」 に変わってました。

これでphpのエラーが消えました。
どうやらCakePHPでアプリを作るようです。
 俺もやろっかなCake。



0 件のコメント:

コメントを投稿