投稿

3月, 2017の投稿を表示しています

AWSを使ってソーリーサーバを構築しました。割と便利だと思う…。

イメージ
とてもお久しぶりです。
恵比寿のITベンチャーでサービス運営やっています。
仲間募集中です。ご興味ある方はTwitterなどでご連絡ください。

今回はAWSを使って、わりと便利なソーリーサーバを構築しましたというお話です。
構成は下の図のようになっています。


通信フローとしては、まずエンドユーザがELBにアクセスします。 このELBは既存のWebサービスやWebサイトをバランシングしていたものです。 諸事情によりメンテナンスしたり、ドメインを畳むことになったという話を想定しています。 そのELBに接続されていたWebサーバやアプリケーションサーバの代わりにソーリーサーバを接続します。 するとエンドユーザはソーリーサーバにアクセスしてきますよね。 ソーリーサーバはリクエストを受けたら、各ドメインに対応させたいCloudFrontへリクエストをパスします。 CloudFrontはS3のコンテンツを返すのですが、このS3に静的なソーリーページを格納しておきます。 それにより、ドメインにアクセスしてきたエンドユーザにソーリーページを見せることができます。 ポイントはソーリーサーバとCloudFrontですがやってることは簡単です。 まず、ソーリーサーバはただのNginxです。 proxy_pass を使って、特定ドメインに来たリクエストを対応するCloudFrontのドメインへパスします。 その設定は、/etc/nginx/conf.d/virtual.conf に書きました。 server { listen 80;         server_name example.com;         if ($http_x_forwarded_proto != https) { return 301 https://$host$request_uri; }         location / { proxy_pass http://domain-a.sorry.example.com/; } } 上記の server ディレクティブのかたまりを、ソーリーページの数だけ用意します。 1ドメイン1種類のページでよければ、3ドメインなら3つのディレクティブになります。
if文のおかげで、自動でHTTPSになります。 しかしここで一つ問題があります。 ELBごとにヘルスチェックエンドポイントが違…