2011年6月18日土曜日

OMMWRITER -なにこれすごい-

ommWriterというソフトをインストールしてみました。




これはいままでにないUser Experienceだと思います。「こんなの初めて…」という感じ。

ソフトを起動すると雪原が表示され、タイプするたびにコトコトタイプ音が鳴ります。

「書く」ということに対して、とことんエンターテイメント性を追求したかのようなソフトだと思います。

もともとはMac用とのことですが、現在はWindowsでも利用出来るようです。

無償版と有償版があり、有償版では選べる音楽の数なんかが違うようですね。

ただ、日本語の場合、複数の文字を変換したところで1タイプだとみなされるため、コトコト音を楽しむには、英文を書く必要がありますね。

日本で生きてる上で書く英文といえば、プログラム。なのでやっぱりプログラマに愛好家が多いみたいですね。

あとは、英語の学習の一環として英文をこれで書くなんてのはすごくいいんじゃないでしょうか。英語の日記とか、英語力のある方はブログの記事を書いてみたり、小説とか書いてみたり?いいですね。

音楽は多少、音が大きい気がしますが、環境音楽なのですぐに慣れます。というか、なんだろう、「よく考えたら対して大きく無いような気がする」みたいな気分になります。そして邪魔しない程度のメロディとなっていて、一度書き始めると、このエディタの世界へググーッとのめり込みます。これはすごい。

雪原のデザインも派手すぎず、飽きが来ずという具合で非常にgood. とても素敵なエディタに出会って良かったです。英文書けるようになりたいです。英語勉強しなきゃ…。

あれ、もしかして、Mac用だとFreeでも7種類から選べるのかな?


【この記事で知りました】
http://d.hatena.ne.jp/celitan/

【参考にさせていただきました。】
http://vanillate.org/archives/704


そういえば、モレスキン使ってみたいとか思ってますが、ぶっちゃけ他のノートとどう違うんだろう。