2014年9月15日月曜日

リア充イベントの発生と、ITエンジニアにオススメのリア充イベントについて

こんにちは、転職先の毎日がなかなかエキサイティングで、将来の安定とかを求められる感じじゃないけど楽しいからお仕事頑張れるかな、なんて思ってるTearTheSkyです。

今日はブログ執筆のリハビリを兼ねて、プライベートのことを少し。

リア充?的な話題で申し訳ないのですが、今日(昨日)の夕飯に同棲中の彼女と「居酒屋ごっこ」をしました。
具体的には、予め決めておいた料理数種類を順番に作って、1品出したらちびちび一杯やってもらって、その間に次の料理を作る。
それと、数種類のお酒を用意しておいて、注文が出たら作ってあげる。
私は色々してあげるのが好きなタイプなので、そういうのは楽しいです。

それで、ふと思いました。
いままで交際がない、いわゆる「非モテ」の状態から、生活スタイルが色々かわったなぁと。そして、いままで体験したことなかったようなイベントを恋人と一杯やるようになったなぁと。そして、世のITエンジニアに何かオススメできることはないかなぁと。

結論から言うと、人によりますが、自炊をしている人には「料理イベント」がオススメです!
自宅に招き、料理を作って一緒に食べてもらう。すごく距離が縮まりますし、「そんなのも作れるんだ!」と感心してもらえることもあります。また、料理の競技人口(?)は男女共通的に大きいので、一緒に作り方や好きな味付け、好きな料理グッズなどの話をすることができる可能性が高いです。恋愛というか人と濃い付き合いをしていく上では共通の話題は強い武器です。

手前味噌ながら、新しい順にこれまで作った料理をちょっとご紹介。

まずは、豚しゃぶサラダ。ポン酢を全体にかけて、肉でサラダを包んで食べます。サラダは普通のキャベツと、紫キャベツと、あとはお好みでニラとかタマネギとか小松菜を混ぜます。




こちらはタレを何種類か用意しておき、自分で肉にタレを付け、野菜と一緒に食べるスタイル。タレはポン酢と、サラダ用チーズドレッシングと、コマダレを用意してみました。




こちらはキャベツの千切りをサーモンと和え、醤油を少しかけて、カッコつけてバジルを振ったりしてみたものです。




こちらはマグロのステーキにバジルの葉っぱをちぎって投下しているところです。あんまり教えたくないのですが、マグロは血合いの部分がなぜかスーパーで投げ売りされていることがあるので、ステーキ用としては安くてうまくてかなり得した感があります。ちなみに、そういう投げ売りされるお魚の部位は生臭いとことが多いので、100均で買えるタイムというハーブをふりかけて炒めたりしています。フランス料理での臭み消しとしてよく使われるものみたいです。




こちらはただのカレーですが、夏野菜カレーを意識してナスとアスパラを入れています。タマネギを事前にたっぷり入れて炒めておくと、甘さが出て非常に美味しいです。




こちらは「トマトパスタが食べたい!」というリクエストに応じて作ったパスタです。トマトとブタのハツ(心臓)をを炒めて、ここでもバジルを載せています。最初からこういう発想があったわけではなく、スーパーで食べ物を眺めてると目につく半額商品などをテキトーに組み合わせて作っています。
バジルは、前々から興味があった自宅栽培の成果です。鉢植えから葉っぱをちぎって、それをさらに細っくちぎって乗っけたりします。写真うつりがなかなか良いと思っています。



とまぁ、料理の写真をざっとご紹介したのですが、ITエンジニア(SE)になぜ料理イベントがオススメなのかというと、

  1. 限られたリソース(お金)からゴールに対してモノ(食材)を発注(スーパーで買う)し、うまく組み立ててソリューション(料理)を提供する、というのは(特にSE業務をやっている人にとっては)得意分野だから
  2. 料理はなかなか億が深く、知識職が刺激され、いっつも勉強しないといけないITエンジニアには親近感が湧く可能性が高い。
  3. 外で同じ程度のものを食べるよりもコストが低い場合が多く、納得感が強い。
  4. 内気な人が多いITエンジニアでも自宅で楽しめる。

というところです。恋人がいる方や、意中の方と距離が近づいてきた気がする方は、一度料理イベントに挑戦してみてはいかがでしょうか。



そのほか、異性と交流(同棲)していると発生するイベントのうち、オススメのもの(記憶にあるもの)を簡単にご紹介すると、
  1. インフルエンザ予防接種受診イベント。一緒に病院に行って注射を打たれるだけですが、二人がお互いにインフルエンザを移す心配が減る上、お互いの職場で貰ってくる可能性も減ります。また、治療費を出してあげるのは、ご飯をおごることよりもかなりの納得感があります。「恋人の健康に投資した」という事実はなかなか誇らしいものです。
  2. 資格勉強会イベント。恋人がどんなお仕事をしていても、なにかしら「取るべき資格」というものはあるものです。業務の傍ら、情報処理試験を初めとした資格の取得を目指すことが多いITエンジニアとしては、デートにもなるし、勉強もできる、一石二鳥のイベントです。自宅でやるのもいいですが、ちょっと長居できるカフェを探してカフェで一緒に勉強すると、カフェデートにもなってさらに充実感があります。
  3. 散歩コース散策イベント。森林公園なり河川敷なりを一緒に歩いたり、ジョギングしたりします。私はよく河川敷に一緒に出かけて、ウォーキングしたり、ジョギングしたりします。恋人がそんなに運動できるタイプではない場合は、集合場所や集合時間を決めておいて、恋人はウォーキング、自分はジョギングをそれぞれ行なうといった方法もあります。同じ時間帯に同じ場所で汗を書いたという事実は二人の距離を縮めますし、太りやすい傾向にあるITエンジニアにとっては格好のダイエットイベントにもなります。女性は得てしてダイエットに興味がある確率が高いですから、このイベントへの興味も強いかもしれません。
  4. リモートデスクトップ接続イベント。これはWindowsに強いインフラエンジニアに限るかもしれませんが、自宅で色々検証しているときに、恋人にリモートデスクトップ接続のデモを見せてみてください。恋人がIT業界の人間でなければ、驚いて興味をもってくれる可能性が高いです。IT業界で働いていない人たちにとっては、リモートデスクトップ接続は未知の体験である可能性が高く、見た目もいわゆる「ITっぽい」感じなので、「あなたはいっつもパソコンばっかりして、しかも何やってるか分かんないし、つまんない」と思われる事象が軽減されます。

という具合です。チャンスが有れば是非試してみてください!








月刊 専門料理 2014年 09月号



デート本VOL.25



0 件のコメント:

コメントを投稿